老耄記  2019/11 起筆~
 
 
 
 < 老いのほそみち 放浪放言録ー8節 > 
 
   = 最新号 =   
 
 
 

2021/02/27 ポッ・・・ 
 
 
 
 ” 一つ落ちて 二つ落ちたる 椿哉 ”
 正岡子規

 ポッ・・・

晩酌の椅子の背下に微かな気配が

千葉舌状台地の頂き 林間の白椿の大木より切り
採りし一枝、大事に大事に水揚げし 葉を磨き 壺
に活けるも寂しそう。

「こらぁ~ 人知れず朽ち往く境遇から日の目を見
せたんはだれやぁ~、蜘蛛の巣 虫の糞を丁寧に
取ったんはだれやぁ~  ええかぁ~ 忘れたとは
云わせへんでぇ~」

 ッン・・・

なに・・・
 来年もっと綺麗な花を咲かせる心算やったと」

なに・・・
 ええ齢こいて 目先の事しか見えんのか?」

 やて ・・・・

吾が背裏から 梢の声なき声が 聞こえる。



 
 (32) 2021/02/13 寄る年波には・・・
 
 
 運転免許更新の為高齢者教習が必要と云うこと
で手続きを行いました。

さて、高齢者教習とはどの様な内容なのか?
ネットを開き事前リサーチすると”高齢者運転免許
更新認知テスト”というものがあり 試しにやってみ
ました。

結果は? いやはや・・・笑うほかなし

この認知テストは、75歳以上の更新者に課せられ
るテストで今回の更新手続きには関係ないとは云
え次回更新時のアタフタぶりが想像させられ些か
戦慄をおぼえました。
老耄爺さんが”もうろう”深化に今更ながら驚くのも
滑稽な話ではありますが・・・

         それにしてもなぁ~

 
 
 
  前の記事(31)を開く 
 
 
 
      只今 過去Logページには(1)~(22)の記事が保存されています。
   過去Logページを開く      表紙ページに戻る